七草粥の炊飯器レシピ人気3選|味付け簡単鶏肉を使った子供が食べるレシピの作り方

七草粥の炊飯器レシピ人気3選|味付け簡単鶏肉を使った子供が食べるレシピの作り方
Pocket

七草粥の炊飯器レシピ人気3選|味付け簡単鶏肉を使った子供が食べるレシピの作り方について紹介していきます。

お正月に食べ過ぎた胃を休めるためにちょうどいいとされている七草粥です。

七草粥といったら、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロのこの7つですよね。

私はおかゆが好きなので、お正月が終わって学校が始まる時期でもある1月7日の七草粥がとても好きでした。

どんな時代も1月7日に、七草粥を食べるのよ。

「家族が今年も元気に暮らせるように、無病息災だよ」と子供のころによく母に家族ができたらやるのよ、覚えておきなさい。

と言われたことをこの七草粥を食べる時期がくると思い出します。

大人になった今、母親がこんな思い出作っていたとは知らず、自分も家族の為に七草粥を作りたいなと思ったので、みなさんにもレシピを紹介します。

しかし今の時代、ずっと鍋に何分もコトコトと向き合っている時代ではないですねよ。

特に小さな子供がいるママさんなんかは、朝食べさせている時間がない。子供は七草粥の青臭さが苦手でなかなか食べれないなどといろんな悩みがあると思います。

そんなママさんに役立つ、七草粥の炊飯器レシピ人気3選|味付け簡単鶏肉を使った子供が食べるレシピの作り方について紹介していきます。

 

七草粥の炊飯器で鶏肉を使った子供が食べれるレシピ人気BEST3

 

【1位】~七草と鶏ムネ肉と卵の素材の味を生かした七草粥~

 

大人の七草粥を作った後!プラス鶏ムネ肉と卵を入れるだけで、子供も美味しく食べられて簡単に作れる七草粥です。

【食材】

  • お米・・・1合
  • 水・・・炊飯器によって異なる
  • 七草・・・1パック
  • 鶏ガラスープの素・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ1
  • 卵・・・1個
  1. お米をとぎ、炊飯器に入れる。
  2. 炊飯器におかゆのメモリがあるのでその位置まで水を入れます。
  3. 鶏がらスープの素と塩を入れ、スイッチを入れます。
  4. 待っている間に、七草を適当な大きさにきり、卵をといでおきます。
  5. 炊き上がってすぐに七草と溶き卵を入れ、再度スイッチを入れます。
  6. 3分ぐらいたったらスイッチを切ります。(お好みの柔らかさになっていなかった場合は時間を調整してください)
  7. 完成!仕上げに塩ごまをかけても美味しいですよ♪

ここまではシンプルで、大人の味付けですね。

では、子供も食べれる鶏肉レシピを紹介します。

大人も子供も同じ七草粥で良いという場合は、上記の3.と一緒に食べやすいサイズにカットしてから入れてください。

その他の手順は同じなので、子どももいる家庭はこちらがおすすめです。

しかし大人と子供と分けたいとい場合は、鶏ムネ肉を塩茹でして出来上がった七草粥に混ぜてあげてください。

これでも、鶏ムネ肉が追加されているので食べやすくなったと思います。

しかし、食べてくれるか心配という方には、七草粥と鶏肉と鍋に入れ、塩茹でした時に使ったお湯を少しだけ追加して煮込んであげると青臭い匂いも消えると思うので、小さな子供にはこちらがオススメかもしれません。

 

作る時のコツ

鶏ムネ肉をキッチンペーパーでしっかり拭いてあげると、臭みがでなくなるので一手間加えるといいかもしれません。

鶏ムネ肉をそのままの食感を残した方が大人も食べ応えがのある仕上がりになりますね。

子供には一手間必要ですが、大きくた鶏ムネ肉をさいてあげると食べやすいですかね。

しかし、大きくしすぎると火が通りにくくなってしまうので、分厚い部分には包丁を入れてあげると通りやすくなります。

 

【2位】~白だしでしっかりとした味付けの七草粥~

 

とっても簡単!七草の青臭さが苦手な子供でもぺろりと食べられる、肉の旨味と白だしの味がしっかりする七草粥です。

【食材】

  • 七草・・・1パック
  • 米・・・2合
  • 水・・・炊飯器によって異なる
  • 白だし・・・80〜90cc
  • 塩・・・少々
  • 鶏ムネ肉・・・100g
  1. 鍋にお湯を沸かし、塩を少々入れて全部の七草を入れます。
  2. 1分ぐらい茹でたらザルにあげ、小さく刻んでいきます。
  3. お米を研ぎ、炊飯器に入れます。
  4. 次に白だしと鶏ムネ肉を入れ、おかゆのメモリに合わせて水を入れ、最後に七草を入れます。
  5. 炊飯器の「おかゆモード」に合わせてスイッチオン!
  6. 炊き上がったら、軽く混ぜて完成!

 

作る時のコツ

胃を休めるのが目的なので、水を少し多く入れご飯を柔らかく炊き上げるのがオススメです。

粘り気を強めにしたいのであれば、ご飯は水洗いせずに使用してください。

炊き上がってすぐに食べたいのであれば、鶏ムネ肉は小さめに切っているほうが火も通りやすいのですぐに食べられます。

また今回は白だしだけの味付けなので、鶏ムネ肉に塩を振ってなじませておくと肉にも少し味が足されるので、味が足りないという人はプラスしてみてください。

塩ではなく、塩麹でもいいと思います!

 

【3位】~心も体もぽっかぽか参鶏湯風の七草粥~

 

日常の料理でも真似したい!参鶏湯(タムゲタン)風の味付けは子供はもちろん、大人もおかわりしたくなる七草粥です。

【材料】

  • 手羽先・・・4〜6本
  • 米・・・1/2号
  • 水・・炊飯器によって異なる
  • 長ネギ・・・1/2〜1本
  • 生姜・・・少々
  • にんにく・・・少々
  • 塩・・・小さじ2
  • お酒・・・大さじ2
  • ごま油・・・小さじ1
  • 鶏ガラスープの素・・・大さじ1
  • 七草・・・1パック
  1. 七草の大根、カブの皮をむいて薄切りにしておきます。
  2. 炊飯器の中にお米を一番下にして、鶏肉・長ネギ・生姜・にんにく・塩・お酒・ごま油・鶏ガラスープの素・七草の大根とカブを全て入れます。 ※注意:七草の葉を炊飯器には入れないでください。
  3. 水は通常の炊飯モードのメモリまでいれます。
  4. 炊飯モードでスイッチオン!
  5. 炊けるまでに七草の葉を水洗いして、熱湯に塩を入れさっと茹で水をとり、水気を絞って細かく刻んでおきます。
  6. 炊き上がったら、七草の葉を混ぜて盛りつけて完成です!

 

作る時のコツ

この参鶏湯風の七草粥は、日常でも食べたくなる美味しさです!

焦げないように様子を見ながらたまに混ぜてあげてください。

手羽先を手羽元に変えてあげても、美味しくなること間違いなしです。

今回は入れませんでしたが、しいたけなどのきのこ類を入れると旨味がプラスされて美味しい1品ができますよ!

また、お正月で余った餅を追加しても美味しいですし、お米をもち米に変えてもいいと思います。

 

七草粥の炊飯器レシピの作り方・コツは?ツイッターを参考にしよう!

七草粥の七草は「せり・なずな・ごきょう・はこべ・ほとけのざ・すずな・すずしろ」って知っていましたか?

それにしても色々なデパートリーがあって面白いですよね。

是非皆様も、自分好みの七草粥を見つけてみるのも良いのではないでしょうか?

 

七草粥を炊飯器で行う時の注意点!

七草粥の「葉」を炊飯器に入れてしまうと、爆発の恐れがあります。

蒸気がでる部分に葉が詰まってしまったことで、爆発になって恐れがあるとのことです。

炊飯器の使い方を見ながら、または七草の葉だけは塩で湯がくだけでも火は通りますので、別の調理をして混ぜ合わせることをオススメします。

 

七草粥の炊飯器レシピ人気3選|味付け簡単鶏肉を使った子供が食べるレシピの作り方まとめ

七草粥の炊飯器レシピ人気3選と、味付け簡単鶏肉を使った子供が食べるレシピの作り方について紹介していきました。

七草を切って鍋でコトコトと煮込みながらつくる七草粥が一番美味しいのは間違いありません。

しかし、時代の流れや子どもがいる家庭では、その一番美味しい七草を食べることが難しくなっています。

スーパーでは七草がフリーズドライになっていて、出来上がったおかゆにまぜるだけで簡単に本格的な味を楽しむことができます。

しかし、子どもには美味しくて新鮮なものを食べさせたいですよね。

そのため、七草粥の炊飯器レシピ人気3選と題して、簡単で鶏肉を使って子供も食べれるレシピを紹介しました。

ちなみに七草粥は冷凍保存が可能なので、残ったものは冷凍して後日食べることができ、大量に作ってしまっても問題ないかと思います。

さぁ、今年の七草粥はどんな食べ方をしますか。

また、七草粥にトッピグするものを考えるとよだれがでてきてしまいますね♪